魚津たてもん祭りについて

富山県魚津市

【祝!平成28年12月1日「魚津のタテモン行事」を含む全国33の 「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されました!】

”たてもん祭り”は、「じゃんとこい魚津まつり」の期間中に、開催されるメイン行事の一つになっています。 「たてもん」は、高さ約16mもある大柱に、90余りの提灯を、三角形につるし下げ、その下に絵額をつけ、長さ10m、総重量約5トンもある、そり台に立てて、80人程の人々よって、威勢よく曳きまわす船型の万燈です。 この形は、三方に贄者(にえもの)を、山と積んで神前に供える形をかたどったもの、あるいは全体が、帆をあげた漁船をかたどったものといわれ、また神前に供え捧げたてまつる言葉が、なまり「たてもん」と呼ばれるようになったといわれています。 ”たてもん祭り”は、毎年8月第1金曜日・第1土曜日の夜、諏訪町の漁夫の宮「諏訪神社」氏子の町内から、7台の「たてもん」が繰り出されます。 「たてもん」は、はっぴ姿の威勢のよい若者によって曳き廻され、何百という美しい提灯のあかりが夜空を彩り、若者のかけ声が海上に響きます。 若者の力のほとばしりによる、「たてもん」の移動は、天地も躍動する感を与え、見る人の手に汗を握らせます。 たてもん祭りは豪快で、勇壮で、華麗で、その優美さは、まさに夏の夜の風物詩であり、魚津が誇る郷土行事の一つです。 この”たてもん祭り”の由来を探ると、約300年前から、大漁と海上の無事安全を祈る氏子の気持ちが、このような形となったといわれています。また、各町内が、いくつかの提灯を台上に吊して町内をかつぎまわったものが、その後、次第に提灯の数を増やし、明治の頃は25張、大正の始めは50張と数はさらに増え、今日のような形になったと伝えられています。 昭和47年10月には、7基の「たてもん」が県の有形民俗文化財に、平成9年12月には「魚津のタテモン行事」が国の重要無形民俗文化財の指定を受けています。

ユネスコ無形文化遺産とは?

ユネスコの無形文化遺産保護条約では、芸能や社会的習慣、祭礼行事、伝統工芸技術等の無形の文化であり、これら無形の文化を社会や集団が文化遺産として認めるものを「無形文化遺産」と定義しています。 さらに、無形文化遺産についての大切さを広く世界に発信するため、人類の無形文化遺産の代表的な一覧表(代表一覧表)を作成・公表しています。

ユネスコ無形文化遺産の代表一覧表には、
日本の無形文化遺産が22件記載されています。

ユネスコ無形文化遺産に登録された「山・鉾・屋台行事」は 国指定重要無形民俗文化財の山・鉾・屋台行事33件から構成されています。その中の一つに、「魚津のタテモン行事」が含まれています。 ※平成28年4月現在 33件

たてもんは掲げる提灯やぼんぼりは、町内ごとに異なります。

開催内容について


平成28年8月に行われた内容をご案内いたします。

アクセスについて


たてもん祭りのメイン会場とその周辺の施設について